ダイソーで同じような商品が多くて迷うときに確認するべきポイント!

この記事は約2分で読めます。

品揃えの多さが自慢のダイソー。

公式HPによると、

ダイソーでの取り扱い商品は約70,000種類

そして、新商品は毎月約700種類!

 

うぅ、多いです。

種類が多いゆえ、似たような商品が多い印象があることは否めません。

似たような…というか、ほぼ同じ商品も多いです。

 

見ためでどれかを選択できるのなら、それがいちばんいいですが

「もう、同じ商品なのに種類が多くて意味がわからない!!」

 

と、お手上げ状態になってしまった場合の解決法を教えちゃいますね。

スポンサーリンク

ここを見ると、商品の販売開始時期がわかります!

ほぼ全ての商品についている、ここの表示をチェックしましょう。

いろはさん(@iroha100yen)がシェアした投稿

 

例えばこの写真の右下。「KB-18-10」

真ん中の数字「18」に注目!

 

この商品の場合、

『2018年に販売を開始した商品』

という意味になります。

今年、販売を開始した新しい商品ですね。

 

同じような商品がいくつかある場合、

新しく販売を開始した商品のほうが性能がいいのでは?

と解釈するようにしてます。

 

ただ、売れ続けているベストセラーの場合には

この数字が古いこともありますのでご注意を。

数字が古いからといって、よくない商品というわけではないんです。

 

以前店舗で働いていたときには、お客さんからよく質問をされました。

「これとこれ、何が違うんですか?」

「どっちがいいと思いますか?」

 

正直いって、心のなかでは

(デザインが違うだけで、同じ商品です…)

(100円だし、どっちでもいいよ?とりあえず買ってみたら?)

と思ってました。言えませんでしたけど…

 

スポンサーリンク

どれを買ったらいい?のまとめ

いろはさん(@iroha100yen)がシェアした投稿

 

「KB-18-10」

真ん中の数字が販売を開始した年(西暦)です。

新しいほうがいい商品になっているかも?しれないですね。

コメント